スポンサードリンク

知っておきたい、敷金に関する恐い話

大抵の方は、敷金は家を壊さなければ戻ってくるという、間違った認識をお持ちだと思います。

たくさんの方の大切な敷金が、心無い不動産関係者によって搾取される敷金トラブルが後を絶ちません。

あなたの賃貸契約書の中にも、退去時にハウスクリーニング代を支払ってくださいなどという、本来借主が支払う必要のないお金を支払うような、間違った契約内容はないでしょうか?

注意してください。敷金返還に関わるトラブルは、今もふえつづけいていて、なくなることはないのですから。

じつは、不動産業者は、不当な敷金であることを十分理解したうえで、水増し請求や不当請求を続けているのです。

それは、どうしてなのか 種明かししましょう。

じつはこのような水増し請求は 犯罪として取り締まれないからなんです。

恐いですねー。ばれても罪に問われることすらないのですから、ばれないように水増し請求し放題になるのは、ある意味仕方がないとも思えてしまいます。

しかも普通の人はそれが不当な水増し請求であることすら知ずに高い敷金を払い続けているのです。

取り締まりもされずに、何も知らないカモもたくさんいる。

これでは、いつまでたっても敷金トラブルが絶えないのは当然のことでしょう。

逆にどんどんエスカレートしてしまっているのが現状なのです。

恐ろしい話でしたが、如何だったでしょうか?

でも、この事実をしっているあなたは大丈夫です。既に支払ってしまっている方も不当な敷金を取り戻すことは可能だからです。

無料レポートを読んでいないかたは、是非読んでいただいて、自分の敷金がいくらくらいが妥当だったか、計算してみることをおすすめしますが、面倒だと思われるのであれば、有料の方を選べば、本当に一発で問題は解消するでしょう。

返金保証もついているので、はじめない理由が見つからないくらいです。

もう支払ってしまった方でも大丈夫ですよ。この話もまた次回にしますねー。

続きはこちら

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。