スポンサードリンク

スポンサードリンク

賃貸の敷金トラブルでお悩みの方へ

皆さんこんにちは。京都在中の管理人ロックです。

今日は、最近ひんぱんにおこっていて、社会問題となっている、アパートなどの敷金トラブルについてお話したいと思います。

僕も、実は最近引越しをする機会があり、このときに大金を請求されて困っていたのです。
なんと敷金15万円に対し、請求額が28万円と信じられない金額だったのですからびっくりしました。1年ほどしかすんでなかったし、大して汚したり傷めたりという事もなかったですし…

明細は、ハウスクリーニング費用・畳の張替え費用などで、賃貸契約書に書かれている内容なので、払わなくてはならないとは思ったのですが、あまりにも金額が多かったので納得がいかず、調べてみました。

でも、よくよく調べてみると、僕と同様の立場にあって悩んでおられる方がたくさんいらっしゃることや、実はこのような費用について、たとえ契約書に記載されているとしても、払う必要のない項目が存在していること、そしてこのような不当な敷金について返還請求ができることをしりました。

続きはこちら

払わなくてもよい敷金とは?

そもそも、今回の僕の事例のように、支払いを請求された、ハウスクリーニング費用や畳の張替え費用などのお金は、アパートやマンションを借りていた人が払う必要はないことが、消費者契約法という法律に触れる違法行為なんだそうです。

このことは、今回の件で私がお世話になった「敷金返還トラブル一発解消テクニック」というホームページで無料で配布されていた冊子にも書いてあったことなので、紛れもない事実です。しかし、同じような問題でお困りの方が直に不動産屋に駆け込んでも、向こうもプロなので簡単にはいかないでしょう。

まずは僕がおすすめしている「敷金返還トラブル一発解消テクニック」の無料冊子に目を通されてみてはいかがでしょうか?役に立つ情報ですので目からうろこと思います。

敷金返還トラブル一発解消テクニックというホームページに行って頂き、無料レポートをダウンロードしてみてください。メールアドレスだけでダウンロードすることができます。

続きはこちら


無料冊子はいかがでしたか?

この間おすすめした無料の冊子はよんでいただけました?

敷金トラブルの事例がたくさん載ってるので、自分が当てはまるかどうかすぐにわかったでしょう。
ぼくは、有料サービスの方がてっとりばやいかなっと思ってこっちを購入してみたのですが、こちらも結構役にたちました。

インターネットでの購入ははじめてだったのでちょっと心配だったけど、とくに問題なかったので安心しました。販売者の方にも良くして頂き、おかげで10万円ほどの敷金が帰ってきてちょっとびっくりでした。ちょうど退職を迎えた父に旅行をプレゼントしてあげることができました。

大満足でしたから、あなたも検討されてはいかがでしょうか?
きっと損はしないと思いますよ。

購入するにあたって質問などございましたら、私の方でも連絡くだされば相談に乗りますよ。
気軽に質問してくださいね。

質問はこちらからどうぞ

次は、これ以外の有料マニュアルも調べて比べてみますねー。

続きはこちら

知っておきたい、敷金に関する恐い話

大抵の方は、敷金は家を壊さなければ戻ってくるという、間違った認識をお持ちだと思います。

たくさんの方の大切な敷金が、心無い不動産関係者によって搾取される敷金トラブルが後を絶ちません。

あなたの賃貸契約書の中にも、退去時にハウスクリーニング代を支払ってくださいなどという、本来借主が支払う必要のないお金を支払うような、間違った契約内容はないでしょうか?

注意してください。敷金返還に関わるトラブルは、今もふえつづけいていて、なくなることはないのですから。

じつは、不動産業者は、不当な敷金であることを十分理解したうえで、水増し請求や不当請求を続けているのです。

それは、どうしてなのか 種明かししましょう。

じつはこのような水増し請求は 犯罪として取り締まれないからなんです。

恐いですねー。ばれても罪に問われることすらないのですから、ばれないように水増し請求し放題になるのは、ある意味仕方がないとも思えてしまいます。

しかも普通の人はそれが不当な水増し請求であることすら知ずに高い敷金を払い続けているのです。

取り締まりもされずに、何も知らないカモもたくさんいる。

これでは、いつまでたっても敷金トラブルが絶えないのは当然のことでしょう。

逆にどんどんエスカレートしてしまっているのが現状なのです。

恐ろしい話でしたが、如何だったでしょうか?

でも、この事実をしっているあなたは大丈夫です。既に支払ってしまっている方も不当な敷金を取り戻すことは可能だからです。

無料レポートを読んでいないかたは、是非読んでいただいて、自分の敷金がいくらくらいが妥当だったか、計算してみることをおすすめしますが、面倒だと思われるのであれば、有料の方を選べば、本当に一発で問題は解消するでしょう。

返金保証もついているので、はじめない理由が見つからないくらいです。

もう支払ってしまった方でも大丈夫ですよ。この話もまた次回にしますねー。

続きはこちら

だいぶ前に支払った敷金も取り返せますか?

このサイトに来てくださっているかたの中には、もう随分前に敷金を支払ってしまってから、僕と同じように実は支払った敷金の大半が、不必要なお金だったことに気づいた方もいらっしゃるでしょうね。

その敷金も取り戻しましょうよ!

敷金返還請求というのは、いつまでさかのぼってすることができるかといいますと…

じつは、5年間 この敷金返還請求は、さかのぼって受けることができることが法律で定められているのです。

敷金を支払った領収書などの証拠が必要ですよ。

あなたも、敷金の返還を請求することができますよねー。安心しましたか?

あとは、僕のおすすめしている敷金返還マニュアルなら、あなたは内容証明書をポストに入れるだけで、高額に支払ってしまった敷金を取り戻すことができるでしょう。

しかも、内容証明書は、敷金返還マニュアルの著者が、あなたのために作成してくれる、画期的なシステムなのです。

しかも、効果がなかった場合の返金保証まで付いていますし、問題が解決するまでは、無期限でメールサポートを受けることができます。

もしも、あなたの不動産業者が悪質な業者で、問題が発生したとしても、プロのサポートが受けられるなんて心強いですね。

他のマニュアルでは、購入しただけで、結局邪魔くさくて実行しないというようなことになるのが心配だったので、このマニュアルを選んだのですが、購入してすぐに敷金の返還を受けることができたのです。

あなたも、悔しい思いをしているのなら、今すぐ行動を起こしましょう。そして、悪徳不動産業者からあなたの大切なお金を取り戻しましょうよ!

質問はこちらからどうぞ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。